コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耳隠し ミミカクシ

大辞林 第三版の解説

みみかくし【耳隠し】

前髪をふくらませず、分け目やウエーブをつけて耳をおおい隠し、髷まげを後ろで低く結った髪形。大正末期に流行。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の耳隠しの言及

【髪形】より

…明治期を代表する髪形には,花月巻,揚巻(あげまき),夜会巻,庇髪(ひさしがみ),S巻や,日露戦争の激戦地にちなむ庇髪の一種の二百三高地髷がある。大正期にかけて流行する七・三女優髷は,これまでの左右均整形を脱した新しい行き方を示し,アイロン・ウェーブ応用の,耳隠しスタイルに展開していった。 洋装の普及とともに洋髪も広まり,大正末期,今和次郎の東京銀座での調査によると,洋髪42%,日本髪%,束髪27%であった。…

※「耳隠し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

耳隠しの関連キーワード分け目前髪

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

耳隠しの関連情報