束髪(読み)そくはつ

  • たばねがみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

女性の結髪の一つ。明治~大正期にかけて日本髪と並んで普及した。従来の日本は,簡単にはえないため,不衛生,不経済であり,また非活動的でもあった。この結髪法の改良を目的として,1885年渡辺鼎,石川暎作によって「婦女結髪改良髪会」が結成された。ここで提唱された束髪は,香油を使ったもので,結い方も洗髪も簡単で,安眠できるので人気を得た。後頭頂部に髪をすき上げ全体に髪をゆるくまとめて,元結いをし,そこから簡単な三つ編や,下げ結びをして,西洋上げ巻西洋下げ巻,イギリス結び,イタリア結びの各種結髪法が普及した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

女子の髪形の一つ。明治時代に洋髪の影響を受けて生まれたもので,1885年設立の婦人束髪会により啓蒙宣伝が行われた。日本髪に比べて軽く手数もかからないので広く普及し,マーガレット(まがれいと),(ひさし)髪,二百三高地,行方不明など種々の束髪が考案された。
→関連項目髪形

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

女性の髪形の一種。明治の文明開化による欧風化のあらわれとして,従来の日本髪に対して作られ,新時代を象徴した。1885年に〈婦人束髪会〉が設立されたが,そのときの〈婦人束髪の会を起す主旨〉は,従来の髪形を批判するで終始し,いかに日本髪は不便窮屈で苦痛を伴うか,いかに不潔で衛生にがあるか,などが記されている。東京では〈洋式婦人束髪法〉というパンフレットや,〈婦人束髪改良図〉という髪形を前後左右から描いた色刷り版画が出され,大いに啓蒙宣伝された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

髪形の一種。あまり手間がかからず簡単に結える女性の髪形で、わが国の洋髪の端緒をなすものである。従来の日本髪は、前髪、鬢(びん)、髱(たぼ)を張り出して、その上に髷(まげ)をつくるというたいへん手間のかかるものであった。これに加えて箱枕(はこまくら)を用いて睡眠をとり、髪油は鬢つけ油という練り油を用いたので不衛生、不経済であり、安眠もとれないという不便があった。確かに、櫛(くし)、笄(こうがい)、かんざしに加えて、絞りの手絡(てがら)をかけたり、たくさんの髪飾りを用いた日本髪は、美しいものであったかもしれないが、日常生活を考えると、逆にこんな不便なものはなかった。このことを憂い、1885年(明治18)医師の渡辺鼎(かなえ)と経済雑誌記者の石川暎作が共同して大日本婦人束髪会を設立し、従来の日本髪にかわるものとして簡単に結える束髪のよさを提唱した。この束髪は当時の鹿鳴館(ろくめいかん)時代の影響もあって女学生の間に人気を博した。その束髪は、洗い髪を香油を用いて整え、それから額中央から髪を左右に分け、後頭部で一度束ねてから三つ編みとし、それから髷をつくり、「西洋下げ髪」「西洋上げ髪」「マーガレイト」「伊太利(イタリア)結び」などにまとめあげた。「夜会(やかい)巻き」もこれから出た髪形の一つである。

[遠藤 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 髪をたばねて結うこと。また、頭上でたばねた髪の総称で、男女ともに称した。〔書言字考節用集(1717)〕 〔礼記‐玉藻〕
② 明治一八年(一八八五)以降、女性の間に流行した水油を使った髪の結い方。上げ巻・下げ巻・英吉利(イギリス)巻・マーガレット、また庇髪・耳隠・二百三高地・七三・オールバック・S巻など、その時の流行によっていろいろな名がつけられた。
※洋式婦人束髪法(1885)〈村野徳三郎編〉「洋風の束髪に改むるも」
〘名〙 無造作に束ねただけの頭髪。そくはつ。〔書言字考節用集(1717)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の束髪の言及

【髪形】より

…労働に適した軽快な服装を必要とした一般庶民の場合は,垂髪の1,2ヵ所を元結(もとゆい)で結んで背後にまとめ,動作の便をはかった。 平安時代以降中世の男性の髪形では,奈良時代より続いた冠下の髻のほかに,烏帽子(えぼし)下の髻,束髪,唐輪(からわ)などが現れた。冠下の髻は貴族階級や医者,学者などが結ったものであるが,中世では一般庶民にいたるまで男子は烏帽子を常用するようになって,元結の部分を少なく巻いて髪先を多く出す烏帽子下の髻が結われた。…

※「束髪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android