コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖ウルリヒ#amp;アフラ教会 せいウルリヒアンドアフラきょうかい

1件 の用語解説(聖ウルリヒ#amp;アフラ教会の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

せいウルリヒアンドアフラきょうかい【聖ウルリヒ#amp;アフラ教会】

ドイツ南部、バイエルン州アウグスブルク(Augsburg)にある、同じ敷地内に同居しているカトリックプロテスタントの2つの教会。アウグスブルクの中央駅(Hauptbahnhof)から約2kmのマキシミリアン通りの南端にある。カトリックとプロテスタントの教会が隣接しているのは、他に例がない。通りの手前にある茶色の建物がプロテスタント(ルター派)の聖アフラ教会で、後ろの白い建物が旧教(カトリック)の聖ウルリヒ教会である。1474年から建設が始まった聖ウルリヒ教会の場所には、もともと後期ゴシック様式の建物があった。1555年に、神聖ローマ帝国によるドイツにおけるルター派(新教)の容認決議(アウグスブルクの宗教和議)が行われたことから、この和議を記念して聖アフラ教会がつくられた。聖ウルリヒ教会は聖アフラ教会よりも大きく、その内部も荘麗で、見事な祭壇や絵画などがある。なお、この和議で新教・旧教の和解がなったわけではない。17世紀半ばには、ボヘミアでのプロテスタントの反乱を引き金に、周辺諸国を巻き込んだ三十年戦争が勃発する。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聖ウルリヒ#amp;アフラ教会の関連キーワードレーゲンスブルクシュバーベンアウグストゥスブルク宮殿アウグストゥスブルク城アウグスブルクアウグスブルク大聖堂アウグスブルクの和議フッゲライプリーンヨハネスブルク城

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone