コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖バーツラフ大聖堂 セイバーツラフダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

せいバーツラフ‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【聖バーツラフ大聖堂】

Katedrála svatého Václava》チェコ東部、モラバ地方の都市オロモウツの旧市街にある大聖堂。12世紀にロマネスク様式のバシリカが建造され、13世紀から14世紀にかけてゴシック様式に改築された。19世紀末にネオゴシック様式の2本の尖塔が加わり、現在の建物になった。聖バーツラフ教会

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

聖バーツラフ大聖堂の関連キーワードロマネスク様式

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android