コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖パトリック大聖堂 セイパトリックダイセイドウ

3件 の用語解説(聖パトリック大聖堂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せいパトリック‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【聖パトリック大聖堂】

St. Patrick's Cathedral》⇒セントパトリック大聖堂

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

せいパトリックだいせいどう【聖パトリック大聖堂】

アイルランドの首都ダブリン(Dublin)にある、同市最古の教会。この場所に最初の教会が建てられたのは450年ごろで、アイルランドキリスト教をもたらした聖パトリックが改宗者の洗礼を行っていた。その後、1192年に石造の教会が建設され、13世紀前半に今日残っているゴシック様式カテドラルが完成した。◇正式名称は「聖パトリックの国立大聖堂およびカレッジチャーチ」(The National Cathedral and Collegiate Church of Saint Patrick, Dublin)で、現在はアイルランド国教会の聖堂となっている。1713~1745年にかけて、『ガリバー旅行記』を著した作家のジョナサン・スウィフト(Jonathan Swift、1667~1745年)が大主教を務めていた教会としても有名である。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖パトリック大聖堂
せいパトリックだいせいどう

セント・パトリック大聖堂」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

聖パトリック大聖堂の関連キーワードケネディ家聖パトリック・デー小泉八雲ANGELAバトラー弁護に立つホワイトトーマス・オマリー外車船ガンバ大阪ブロンテ(姉妹)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

聖パトリック大聖堂の関連情報