コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖ヨハネ聖堂 せいヨハネせいどう

1件 の用語解説(聖ヨハネ聖堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

せいヨハネせいどう【聖ヨハネ聖堂】

トルコのエフェス古代ローマ帝国の都市エフェソス)で最も有名な古代ローマ時代の建築物。聖ヨハネは、キリストの死後、キリストの生涯と教えを福音書に書き残し、この地で亡くなった。教会は、紀元後6世紀に、聖ヨハネの墓のある小さな聖堂跡にローマ教皇ユスティニアヌスと皇后テオドラにより建立された。現在見ることができるのは、壁・円柱・床のモザイク画だけである。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聖ヨハネ聖堂の関連キーワードナポカアナバルザカイセリ城Ξάνθοςクズルアウル古代ローマ帝国シリフケシリフケ城セルチュクペルガ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone