コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖ヨハネ聖堂 せいヨハネせいどう

世界の観光地名がわかる事典の解説

せいヨハネせいどう【聖ヨハネ聖堂】

トルコのエフェス古代ローマ帝国の都市エフェソス)で最も有名な古代ローマ時代の建築物。聖ヨハネは、キリストの死後、キリストの生涯と教えを福音書に書き残し、この地で亡くなった。教会は、紀元後6世紀に、聖ヨハネの墓のある小さな聖堂跡にローマ教皇ユスティニアヌスと皇后テオドラにより建立された。現在見ることができるのは、壁・円柱・床のモザイク画だけである。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android