聖母の戴冠(読み)せいぼのたいかん(英語表記)Coronation of the Virgin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖母の戴冠
せいぼのたいかん
Coronation of the Virgin

キリスト教美術の主題。被昇天ののち,天国で戴冠される聖母マリアを表わす。聖母はキリストのかたわらに座し,戴冠してキリストの祝福を受ける場合と,父なる神,天使あるいは三位一体によって冠を与えられている場合などがある。 12世紀末にフランスで初めて作られ,初期ゴシック建築のティンパヌム浮彫などに扱われた。聖母の戴冠は『列王紀上』2章 19のソロモンの生涯によって予表されている。すなわちソロモンがイスラエルの王として戴冠したのち,母バテシバを彼の右隣に玉座を設けてすわらせたとある。作例はサンリス大聖堂ティンパヌム (1190) ,フラ・アンジェリコ作『聖母戴冠』 (1445頃,ルーブル美術館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聖母の戴冠の関連情報