コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖母の戴冠 せいぼのたいかんCoronation of the Virgin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖母の戴冠
せいぼのたいかん
Coronation of the Virgin

キリスト教美術の主題。被昇天ののち,天国で戴冠される聖母マリアを表わす。聖母はキリストのかたわらに座し,戴冠してキリストの祝福を受ける場合と,父なる神,天使あるいは三位一体によって冠を与えられている場合などがある。 12世紀末にフランスで初めて作られ,初期ゴシック建築のティンパヌム浮彫などに扱われた。聖母の戴冠は『列王紀上』2章 19のソロモンの生涯によって予表されている。すなわちソロモンがイスラエルの王として戴冠したのち,母バテシバを彼の右隣に玉座を設けてすわらせたとある。作例はサンリス大聖堂ティンパヌム (1190) ,フラ・アンジェリコ作『聖母戴冠』 (1445頃,ルーブル美術館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

聖母の戴冠の関連キーワードオルビエート大聖堂キリスト教美術クァールトンラファエッロフランス美術ポライウオロシャロントンリッピ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android