コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被昇天 ひしょうてんAssumption

翻訳|Assumption

4件 の用語解説(被昇天の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

被昇天
ひしょうてん
Assumption

聖母マリアのからだが天に上げられ,復活したキリストの栄光にあずかったとする信仰伝承。すべての信仰者に約束されているからだの復活のマリアにおける先取りを意味する。この信仰はマリアを第2のイブとする教父思想にその萌芽をもち,特に東方では早くから発展したが,10世紀には一般的となり,1950年 11月1日,ピウス 12世によって正式の教理として布告された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひしょうてん【被昇天】

聖母マリアの体が霊魂とともに天国にあげられたこと。キリストの昇天と区別していう。 → 聖母被昇天

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

被昇天
ひしょうてん
Assumptio B. Mariae Virginisラテン語

カトリックの教義の一つ。聖母マリアの死後、その肉体と霊魂は天に召されて、神の救いにあずかり、神から栄光を受けたことをさす。教皇ピオ12世は1950年11月1日に、これがカトリック教会における信ずべき教義であることを宣言した。聖母マリアが完全な信仰によってキリストの受肉のお告げを受諾し、「神の母」となった。キリストの救いが聖母マリアを通じて全世界に仲介された。この理由から、聖母はキリストの救いを完全な仕方で受け、キリストによって成就した救いの範型となった。キリストのもたらした救いは人間の全身心の救済であるから、聖母マリアがキリストの救いの力を完全に受けて、その全身心が神の栄光に輝いたと信ずるのは当然である。被昇天の祝日は8月15日。古くからマリアの死去や被昇天について多くの絵画が残されているが、フラ・アンジェリコエル・グレコの『聖母被昇天』は有名である。[門脇佳吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

被昇天の関連情報