コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被昇天 ひしょうてん Assumption

翻訳|Assumption

4件 の用語解説(被昇天の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

被昇天
ひしょうてん
Assumption

聖母マリアのからだが天に上げられ,復活したキリストの栄光にあずかったとする信仰伝承。すべての信仰者に約束されているからだの復活のマリアにおける先取りを意味する。この信仰はマリアを第2のイブとする教父思想にその萌芽をもち,特に東方では早くから発展したが,10世紀には一般的となり,1950年 11月1日,ピウス 12世によって正式の教理として布告された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひ‐しょうてん【被昇天】

聖母(せいぼ)被昇天

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひしょうてん【被昇天】

聖母マリアの体が霊魂とともに天国にあげられたこと。キリストの昇天と区別していう。 → 聖母被昇天

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

被昇天
ひしょうてん
Assumptio B. Mariae Virginisラテン語

カトリックの教義の一つ。聖母マリアの死後、その肉体と霊魂は天に召されて、神の救いにあずかり、神から栄光を受けたことをさす。教皇ピオ12世は1950年11月1日に、これがカトリック教会における信ずべき教義であることを宣言した。聖母マリアが完全な信仰によってキリストの受肉のお告げを受諾し、「神の母」となった。キリストの救いが聖母マリアを通じて全世界に仲介された。この理由から、聖母はキリストの救いを完全な仕方で受け、キリストによって成就した救いの範型となった。キリストのもたらした救いは人間の全身心の救済であるから、聖母マリアがキリストの救いの力を完全に受けて、その全身心が神の栄光に輝いたと信ずるのは当然である。被昇天の祝日は8月15日。古くからマリアの死去や被昇天について多くの絵画が残されているが、フラ・アンジェリコエル・グレコの『聖母被昇天』は有名である。[門脇佳吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

被昇天の関連キーワードサンタマリア聖母聖母被昇天ノートルダムマドンナ聖母マリア教会聖母マリアの家《聖母マリアの小聖務日課書》《聖母マリアの夕べの祈り》《聖母マリアのロザリオ15玄義》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

被昇天の関連情報