コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝吸い キモスイ

4件 の用語解説(肝吸いの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きも‐すい〔‐すひ〕【肝吸い】

ウナギの肝を入れてつくった吸い物

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きもすい【肝吸い】

ウナギの肝を入れた吸い物。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肝吸い
きもすい

肝臓を吸い物の実にした意に用いるが、単に肝吸いというと、ウナギの肝臓と胃とをいっしょにしたものを吸い物の実にしたもの。細長いウナギの胃を一般に肝臓とみているが、そこに肝臓もいっしょについている。以前、天然ウナギの肝吸いを食べるときは、箸(はし)の先でこそげるか前歯でちょっとかんでみて、釣り針が残っていないか調べたものだが、現在はほとんど養殖ウナギなのでその心配はない。鶏(とり)の肝臓あるいは砂肝(すなぎも)(筋胃)を吸い物の種(たね)にしたものも肝吸いではあるが、これには鶏のほかの部分もいっしょに入れる場合が多く、鶏の肝吸いとはいわない。[多田鉄之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の肝吸いの言及

【ウナギ(鰻)】より

…漁法としては一本釣り,置鉤(おきばり),縄釣り,ウナギかき,ウナギ筒,引網,やな,待網などのほか,地方によりさまざまな小規模漁具を用いる方法もある。蒲焼,白焼き,酢の物,卵とじなどとして賞味され,肝臓,消化管は肝吸いとされる。 オオウナギA.marmorata(イラスト)はカニクイともいう。…

※「肝吸い」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

肝吸いの関連情報