コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝吸い キモスイ

デジタル大辞泉の解説

きも‐すい〔‐すひ〕【肝吸い】

ウナギの肝を入れてつくった吸い物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

きもすい【肝吸い】

うなぎの肝を入れた吸い物。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

きもすい【肝吸い】

ウナギの肝を入れた吸い物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肝吸い
きもすい

肝臓を吸い物の実にした意に用いるが、単に肝吸いというと、ウナギの肝臓と胃とをいっしょにしたものを吸い物の実にしたもの。細長いウナギの胃を一般に肝臓とみているが、そこに肝臓もいっしょについている。以前、天然ウナギの肝吸いを食べるときは、箸(はし)の先でこそげるか前歯でちょっとかんでみて、釣り針が残っていないか調べたものだが、現在はほとんど養殖ウナギなのでその心配はない。鶏(とり)の肝臓あるいは砂肝(すなぎも)(筋胃)を吸い物の種(たね)にしたものも肝吸いではあるが、これには鶏のほかの部分もいっしょに入れる場合が多く、鶏の肝吸いとはいわない。[多田鉄之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の肝吸いの言及

【ウナギ(鰻)】より

…漁法としては一本釣り,置鉤(おきばり),縄釣り,ウナギかき,ウナギ筒,引網,やな,待網などのほか,地方によりさまざまな小規模漁具を用いる方法もある。蒲焼,白焼き,酢の物,卵とじなどとして賞味され,肝臓,消化管は肝吸いとされる。 オオウナギA.marmorata(イラスト)はカニクイともいう。…

※「肝吸い」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

肝吸いの関連キーワード多田鉄之助うなぎ

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肝吸いの関連情報