胃冷凍法(読み)いれいとうほう(英語表記)gastric freezing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胃冷凍法
いれいとうほう
gastric freezing

胃内を直接冷却して出血や消化性潰瘍を治療する方法。口から胃内にゴムバルーンを挿入し,これに冷却した純アルコール液を 30~90分間灌流させる。消化性潰瘍に対しては,一時的な症状の改善が得られる程度で,根治的,永続的な効果は期待できない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android