コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消化性潰瘍 しょうかせいかいようpeptic ulcer

翻訳|peptic ulcer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

消化性潰瘍
しょうかせいかいよう
peptic ulcer

胃液中の塩酸やペプシンの増加,胃粘膜の防御因子の低下などによって胃と十二指腸の粘膜が侵され,潰瘍が形成されるもので,胃潰瘍十二指腸潰瘍が含まれる。自己消化がその第一原因と考えられることから,この名がつけられた。胃痛,ことにみぞおちと背中に放散する痛み,吐き気などの自覚症状と,便中の潜血造影剤によるX線写真胃カメラの検査などにより診断を確定する。軽ければ制酸剤など,また程度に応じては各種トランキライザを投与するほか,手術を必要とすることもある。原因は各種ストレス,ことに感情ストレスの影響が強いという意見が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうかせい‐かいよう〔セウクワセイクワイヤウ〕【消化性潰瘍】

胃液が粘膜を消化するために起こる潰瘍。胃潰瘍十二指腸潰瘍のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しょうかせいかいよう【消化性潰瘍 peptic ulcer】

胃液の消化作用がおもな原因となって発生する潰瘍をいう。発生部位は胃および十二指腸で,消化性胃潰瘍,消化性十二指腸潰瘍と呼ぶ。両者を併せ,単に消化性潰瘍とも呼ばれている。1879年クビンケH.I.Quinkeの提唱した名称。胃液の分泌がない場合や胃酸が中和される部位(小腸や大腸)には消化性潰瘍はない。発生原因が明確な結核性潰瘍,梅毒性潰瘍,癌性潰瘍などは,胃や十二指腸に発生しても特殊潰瘍として消化性潰瘍から区別されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうかせいかいよう【消化性潰瘍】

胃液の消化作用が主たる原因となる潰瘍。胃潰瘍・十二指腸潰瘍の大部分。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

消化性潰瘍
しょうかせいかいよう
peptic ulcer

胃液にさらされている範囲内の消化管壁の組織の欠損で、一般には胃潰瘍と十二指腸潰瘍をいう。[高橋 淳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の消化性潰瘍の言及

【胃潰瘍】より

…胃壁の欠損が表面の粘膜にとどまるものを糜爛(びらん)と呼び,粘膜下層より深い組織欠損を潰瘍と呼んで区別することが多い。大部分の潰瘍は,なんらかの原因によって胃の組織が胃液の酸やペプシンに消化されて生じるもので,消化性潰瘍とも呼ばれている。これに反して,癌,結核,梅毒などの病変が胃にあり,明らかな原因によって生じるものを特殊胃潰瘍として消化性潰瘍と区別している。…

※「消化性潰瘍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

消化性潰瘍の関連キーワード消化性潰瘍(胃潰瘍/十二指腸潰瘍)ゾリンジャー=エリソン症候群ミルク胃潰瘍・十二指腸潰瘍バリー マーシャルロビン ウォーレン禁忌(医学、薬学)副甲状腺機能亢進症副交感神経遮断薬消化性潰瘍治療剤マネージャー病インドメタシンアンチピリン帝国臓器製薬スコポラミン迷走神経切断セクレチン失血性貧血胃けいれん胼胝性潰瘍