コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胃軸転症 いじくてんしょうvolvulus of the stomach

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胃軸転症
いじくてんしょう
volvulus of the stomach

胃が生理的範囲をこえて軸捻転を起したもので,急性型と慢性型があり,噴門幽門を結ぶ胃の長軸を軸として左から右に回転する臓器軸性捻転と,長軸に直角の方向を軸として右から左に回転する腸間膜軸性捻転の2種類がある。主症状はみぞおちの痛み,膨満感,嘔吐発作などで,X線検査によって容易に診断できる。比較的まれな病気であるが,急性型の場合には早期手術が必要であり,慢性型には胃腸運動の正常化,便通の調整などをはかる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android