コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幽門 ユウモン

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐もん〔イウ‐〕【幽門】

胃の末端の、十二指腸に接し細くくびれている部分。輪状括約筋があり、通常は閉じているが、内の食物の状態により開いてに送る。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

幽門【ゆうもん】

出口,すなわち十二指腸に移行する部。胃壁の輪状筋層はここで特に発達して幽門括約筋となり,腔内に突出して幽門弁をなす。胃内の食物が一定の段階まで消化されて粥(かゆ)状になると,幽門弁が開かれて十二指腸内へ送りこまれる。
→関連項目幽門狭窄

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

幽門

 胃の出口の部分.十二指腸へと食物を送る量などを調節したり,食物と胃液を混合させたりする機能がある.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ゆうもん【幽門】

胃の最末端部分で、十二指腸に接するくびれた部分。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幽門
ゆうもん

胃の幽門部と十二指腸との間の部分をさす。幽門部は胃体(胃の大部分)に続く部分で、十二指腸に向かってしだいに細くなる管状の部分である。幽門部の胃体寄りは通常膨らんでいて、幽門洞とよび、壁も薄い。幽門洞からは長さ2~3センチメートルの細くなった幽門管が続き、幽門口によって十二指腸に開く。この幽門口のある部分が幽門である。幽門の位置は第1腰椎(ようつい)の高さで、そのすぐ右側にある。また、胃の大部分(6分の5)は体の正中線の左側(左下肋(かろく)部)にあるが、幽門部だけがその右側にある。幽門口の周囲では胃壁の筋層(3層からなる)の、とくに中層が発達して幽門括約筋(平滑筋)となり、幽門口を輪状に取り巻いている。幽門括約筋が異常に肥厚すると胃の内容物の通りが悪くなり、幽門狭窄(きょうさく)症をおこす。これは男児に比較的多くみられるものである。また、幽門部の小彎(しょうわん)側は癌(がん)の好発部位といわれている。幽門は、胃の強い蠕動(ぜんどう)運動によって収縮するほか、十二指腸がその内容物で広げられたり、また酸性内容が粘膜に触れたりすると閉じ、アルカリ性内容や水分が粘膜に触れた場合には開く。これらの運動は、いわゆる幽門反射によっている。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の幽門の言及

【胃】より

…後部には筋胃(砂囊)が形成され,厚い筋壁をそなえて硬い食物の破砕を行う。哺乳類の胃はU字形胃の噴門側が発達して前胃を形成し,単一の後胃の胃底部および幽門部はそれぞれ腺胃と筋胃に相当する。哺乳類で前胃と後胃の区別が明らかな場合はこれを複胃とよび,明らかでない場合は単胃とよぶ。…

※「幽門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

幽門の関連キーワードヘリコバクターピロリ先天性幽門狭窄症肥厚性幽門狭窄迷走神経切断術嘔吐(生理)胃ろう(瘻)十二指腸潰瘍幽門狭窄症ガストリン胃腸吻合術久隅守景桃田柳栄清原雪信幽門反射幽門痙攣腸盲嚢幽門垂胃拡張胃癌小腸

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

幽門の関連情報