コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

背開き セビラキ

栄養・生化学辞典の解説

背開き

 魚の背側にそって切り,腹側はつながった状態にある開き方.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

せびらき【背開き】

魚を背側から切り開くこと。頭は落とすことが多いが、頭ごと開くこともある。また、頭を落とさずに片身につけたままにしておく開き方は「片そで開き」といい、干物などに用いる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

せびらき【背開き】

魚を背の方から切り開き、腹の皮をつけて両側に開くこと。せわり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

背開きの関連キーワード巻繊蒸し・巻繊蒸このしろの姿寿司アナゴ(海水魚)ぼうぜの姿鮨鎧焼き・鎧焼鮎の味噌焼き沖漬け・沖漬雀焼き・雀焼鱓小明石煮鯛の唐蒸しキッパードタイ(魚)けんちんトクビレ秋刀魚鮨鯖の姿鮨巻繊蒸し巻繊焼き片袖開き鬼殻焼き

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android