コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切り/限り(読み)キリ

デジタル大辞泉の解説

きり【切り/限り】

[名]
区切り。切れ目。「―のよいところでやめる」「―をつける」
(多く「きりがない」「きりのない」などの形で用いる)かぎり。はて。際限。「欲をいえば―がない」
(限り)商品の先物取引で、受け渡しの期限。限月(げんげつ)。「先―(さきぎり)」
芸能で、最後の部分。
㋐謡曲で、1曲の最後の部分。
㋑浄瑠璃・歌舞伎で、一段・一幕の最後の部分。「四の―」
㋒寄席(よせ)で、その日の最後の出し物。また、その演者。
㋓「切能(きりのう)」の略。
㋔「切狂言(きりきょうげん)」の略。
碁で、相手の石の接続を切断すること。また、そのような手。
[接尾]助数詞。やや厚めに切ったものを数えるのに用いる。
「干し瓜三―ばかり食ひ切りて」〈宇治拾遺・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android