胎膜(読み)タイマク

大辞林 第三版の解説

たいまく【胎膜】

胎児を包んでいる膜の総称。胎児付属膜。胚膜。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐まく【胎膜】

〘名〙 胎児を包んでいる漿膜・尿膜・羊膜の総称。胚膜。胎児付属膜。〔生物学語彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android