胡坐をかく(読み)アグラヲカク

デジタル大辞泉の解説

胡坐(あぐら)をか・く

あぐらを組んで座る。
のんきにかまえて、何の努力もしないことのたとえ。「名門意識の上に―・く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あぐらをかく【胡坐をかく】

足を組んで楽な姿勢で座る。
自分は何の努力もせず、あるものに頼ってゆうゆうと構えている。ずうずうしく構える。 「権力の上に-・く」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あぐら【胡坐】 を かく

① 足を組んで楽にすわる。あぐらを組む。
※虎明本狂言・察化(室町末‐近世初)「『心得た』と云て、あくらかひているなり」
② その立場や状態にあっていい気になっている。ずうずうしくかまえる。
※新文学創造の主体(1946)〈小田切秀雄〉四「実感の上にあぐらをかくのは劣者だ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android