コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小田切秀雄 おだぎりひでお

6件 の用語解説(小田切秀雄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小田切秀雄
おだぎりひでお

[生]1916.9.20. 東京
[没]2000.5.24. 東京
評論家。法政大学国文科卒業。在学中から『文芸学資料月報』などの同人誌を刊行,近代文学近世文学に関する執筆活動を行なった。雑誌『近代文学』の創刊 (1946) に参加したが,「政治と文学」論争を機として平野謙,荒正人らと意見を異にして袂を分ち,新日本文学会の設立に参加。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おだぎり‐ひでお〔をだぎりひでを〕【小田切秀雄】

[1916~2000]文芸評論家。東京の生まれ。昭和16年(1941)「万葉の伝統」刊行。戦後、雑誌「近代文学」創刊に参加。著書に「民主主義文学論」「頽廃(たいはい)の根源について」「私の見た昭和の思想と文学の五十年」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小田切秀雄【おだぎりひでお】

評論家。東京生れ。法政大学卒業。法政大学名誉教授。日本近代文学研究所代表。現代文学の低迷の打破と社会主義ルネサンスを一貫して主張する。1946年,日本共産党入党,荒正人らと《近代文学》を創刊,新日本文学会の創立に参加。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小田切秀雄 おだぎり-ひでお

1916-2000 昭和-平成時代の文芸評論家。
大正5年9月20日生まれ。小田切進の兄。昭和16年「万葉の伝統」を刊行。戦後「近代文学」の創刊同人となり,新日本文学会の設立にも参加。63年「私の見た昭和の思想と文学の五十年」で毎日出版文化賞。この間の29年法大教授となり,40年大学紛争の最中に総長代行をつとめた。平成12年5月24日死去。83歳。東京出身。法大卒。著作に「民主主義文学論」「小林多喜二」「日本近代文学の思想と状況」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

おだぎりひでお【小田切秀雄】

1916~2000) 文芸評論家。東京生まれ。法政大卒。「近代文学」を創刊、新日本文学会の創立にも参加、政治と文学論争などで教条主義的な芸術論を批判。常に時流に抗した批評的立場を貫く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小田切秀雄
おだぎりひでお
(1916―2000)

文芸評論家。東京生まれ。法政大学文学部国文科卒業。旧制府立高等学校付属中等部に在学中、国文学者の片岡良一(よしかず)に出会ったことから文学の道へと進んだ。その道がマルクス主義の道へつながった。昭和10年代はじめ小田切秀雄、佐々木基一、荒正人は「戦争をひかえた時代の激流におし流されずに自己の立場を、文学を通してつきつめてゆきたい、文学そのものを内部に立ち入って明らかにしてゆくことで、思想に生命をよみがえらせたい」という共通の認識をもって結束した。1943年(昭和18)に軍隊に召集された小田切秀雄は、医者だった妻の協力を得て抵抗を続け、戦場に立って人を殺すことを拒否することに成功した。しかし、44年には思想犯として逮捕され九死に一生を得た。批評活動は昭和10年代なかばから始められ、『万葉集』から正岡子規(しき)、与謝野(よさの)晶子、伊藤左千夫(さちお)、斎藤茂吉(もきち)に及ぶ『万葉の伝統』(1941)を刊行した。
 第二次世界大戦後は、荒正人、佐々木基一、埴谷雄高(はにやゆたか)、平野謙(けん)、本多秋五(しゅうご)、山室静(しずか)とともに『近代文学』を創刊した。この『近代文学』の人々が戦後文学を主導した。小田切秀雄は荒正人、佐々木基一とともに『文学時標』を創刊し、文学者の戦争責任を追及した。また、戦後まもなく中野重治(しげはる)、徳永直(すなお)の推薦で日本共産党に入党し、新日本文学会に参加した。このためプロレタリア文学の伝統を受け継ぐ『新日本文学』による中野重治とプロレタリア文学に批判的な『近代文学』による荒正人、平野謙の間でかわされた「政治と文学」論争では、新旧両世代の板挟みにあって苦衷に陥ったりした。『甲乙丙丁』(1969)で日本の革命運動の伝統の革命的批判を完成した中野重治、『渓流』(1964)や『塑像』(1966)で革命党内部の非人間性を追求するかたわら原爆文学の名作『樹影』(1972)を発表した佐多稲子(さたいねこ)らの最大の支持者が小田切秀雄だった。彼自身の著作としては『民主主義文学論』(1948)、『頽廃(たいはい)の根源について』(1953)、『北村透谷(とうこく)論』(1970)、『私の見た昭和の思想と文学の五十年』(1988)などがある。
 1970年代に入るとともに、エゴと社会との鋭い接点の追求を通じて、独自なアンガジュマン(社会参加)の文学を目ざしてきた小田切秀雄の目に、古井由吉(よしきち)、後藤明生(めいせい)、黒井千次(せんじ)、阿部昭、小川国夫、柏原兵三(かしわばらひょうぞう)らのデガジュマンの「内向の世代」が台頭してきたようにみえた。小田切秀雄はこの潮流に反対する立場から、内向の世代の文学を論じた。このため逆に内向の世代の命名者として文学史に名前をとどめることになった。[川西政明]
『『民主主義文学論』(1948・銀杏書房) ▽『小田切秀雄著作集』全7巻(1970~74・法政大学出版局) ▽『北村透谷論』増補版(1979・八木書店) ▽『現代文学史』上下(1983・集英社) ▽『女性のための文学入門』(1984・オリジン出版センター) ▽『私の見た昭和の思想と文学の五十年』上下(1988・集英社) ▽『日本文学の百年』(1998・東京新聞出版局) ▽『中野重治――文学の根源から』(1999・講談社) ▽『万葉の伝統』(講談社学術文庫) ▽小田切秀雄全集編集委員会編『小田切秀雄全集』全18巻・別巻1(2000・勉誠出版) ▽小田切秀雄先生を囲む会編『小田切秀雄研究』(2001・菁柿堂、星雲社発売) ▽古屋健三著『「内向の世代」論』(1998・慶応義塾大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小田切秀雄の関連キーワード小笠原賢二川村二郎高野斗志美田野辺薫縄田一男野崎六助松原新一松本徹森川達也渡辺澄子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小田切秀雄の関連情報