コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胴元 どうもと

デジタル大辞泉の解説

どう‐もと【胴元/筒元】

さいころばくちの親。また、ばくちの場所を貸して、寺銭をとる者。胴親。
物事のしめくくりをする人。元締め。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の胴元の言及

【胴】より

…胴は食道から直腸までの筒状器官を内蔵している部分の呼称であり,転じて筒状構造(とくにその中心部分)を胴と呼ぶことが多く,弦楽器,航空機,船舶などにも胴がある。賽(さい)を振る筒も胴で,賭博(とばく)の親を〈胴元〉または〈胴親〉という。彫刻でいうトルソは胴とほぼ同義であるが,この語はバッコス(ディオニュソス)の信者たちが用いた杖(つえ)を表すギリシア語テュルソスthyrsosに由来する。…

※「胴元」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

胴元の関連キーワード賭博開帳図利(とり)罪野球賭博の仕組みブックメーカードン キング胴取・筒取クラップス字華・一八胴親・筒親ルーレットバンカー野球賭博チーハカジノ闘鶏丁半寺銭字華胴親胴取

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胴元の関連情報