コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元締め モトジメ

デジタル大辞泉の解説

もと‐じめ【元締め】

金銭の勘定、仕事などの全体を締めくくること。また、その役の人。
博徒(ばくと)などが、その親分をいう呼び方。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

元締めの関連キーワードフランクフルト・アム・マインラインハルト ハイドリヒ全日本シーエム放送連盟醍醐新兵衛(初代)道教/道教の神々大庭源之丞ハイドリヒ三文オペラ高嶺 朝光回し・廻し胴元・筒元後藤藤四郎藤原種継総元締め鎌倉時代三省六部ホランド農商務省大蔵大臣葉緑体

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android