コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歩合 ブアイ

デジタル大辞泉の解説

ぶ‐あい〔‐あひ〕【歩合】

ある数と他の数との割合。、またはパーセントなどで示す。「公定歩合
取引高・売上高・出来高などに応じた手数料・報酬。「一割の歩合をとる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶあい【歩合】

ある量に対する他の量の比の値を小数で表したもの。10分の1を基本の単位として、これを割と呼び、その10分の1、100分の1…をそれぞれ分・厘…と呼ぶ。また、百分率で表し何パーセントと呼ぶ場合も歩合ということがある。
仕事量や取引高に応じた報酬または手数料。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歩合
ぶあい

ある数量の、他の数量に対する比の値を表したもの。比の値を小数で表し、小数第1位に割(わり)、以下順に分(ぶ)、厘(りん)、毛(もう)、……という名称をつけて表す。たとえば、123の1000に対する比0.123は1割2分3厘と表す。小数第2位にパーセント(記号%)という名称をつけて表すのが百分率で、0.123は12.3%と表す。小数第3位にパーミル(記号‰)という名称をつけるのが千分率で、0.123は123‰と表す。一般には割分厘毛などで表したものを歩合という。[栗原 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

歩合の関連キーワード公定歩合(Office Discount Rate)基準割引率および基準貸付利率ディスカウント・レート〓(○の中に田)ナショナルバンクフルコミッション歩合制度[漁業]パーセンテージコミッション高率適用制度補完貸付制度金利政策公定歩合生糸歩合貸出政策歩合制度パーミル割引政策政策金利歩増し

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歩合の関連情報