コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胸膜腔

栄養・生化学辞典の解説

胸膜腔

 胸腔のうち心臓を含む縦隔を除いた部分.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内の胸膜腔の言及

【胸膜】より

…肺の外表面と,胸壁の内面,横隔膜の上面などを覆うひとつづきの薄い膜で,かつて肋膜ともいわれた。肺を覆う胸膜と胸壁などを覆う胸膜との間は胸膜腔とよばれるが,通常はほとんどすきまなく接している。胸膜腔には透明な水(漿液)がわずかにあって,胸膜に滑らかさを与えている。…

【呼吸】より

… 肺は気管の部位だけで固定されていて,胸壁には付着していない。肺の表面と胸壁の内面は胸膜でおおわれているが,両方の間の狭い空所を胸膜腔といい,安静呼息時における胸膜腔の内圧(胸腔内圧)は外気よりも約-4mmHg低い。ここにはムコ多糖類を含む胸膜液がある。…

※「胸膜腔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

胸膜腔の関連キーワード胸膜のしくみと気胸のいろいろ湿性肋膜炎X線造影剤気胸療法縦隔腫瘍人工気胸上皮組織自然気胸血気胸水頭症開胸術胸膜炎胸液ゾウ呼吸血胸上皮気胸膿胸漿液

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android