胸膜(読み)きょうまく

日本大百科全書(ニッポニカ)「胸膜」の解説

胸膜
きょうまく

表面、および胸郭内面を覆っている漿(しょうまく)で、かつては肋膜(ろくまく)ともよんだ薄い透明な膜である。片側の肺表面を覆う肺胸膜は、肺門の部分で肺に進入する気管支、肺動静脈を包みながら反転して胸郭壁内面を覆う壁側胸膜に移行する。このように、片側の肺と胸郭壁とを覆う胸膜は連続しているため、肺胸膜と壁側胸膜とは閉鎖した腔(くう)をつくることになる。この左右の腔を胸膜腔とよぶ。壁側胸膜は、心臓、気管、大血管に接する縦隔胸膜、胸壁内面の肋骨(ろっこつ)胸膜、横隔膜上面を覆う横隔胸膜に分けられる。胸膜腔は狭い間隙(かんげき)であるため、肺の呼吸運動の際には肺胸膜と壁側胸膜とは触れ合うこととなる。このため、胸膜腔には摩擦を防ぐために、少量の胸膜液(漿液)が存在している。

 胸膜に炎症が生じると、胸膜腔に滲出(しんしゅつ)液、血液、膿(のう)などが出現し、貯留することがある。空気がこの腔に入ると気胸とよばれる。滲出液が体内に吸収されると肺胸膜と壁側胸膜(とくに胸壁の肋骨胸膜)とが癒着することがある。その範囲が広範に及ぶと肺の呼吸運動が制限されるため、肺活量も減少する。

[嶋井和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「胸膜」の解説

胸膜【きょうまく】

肋膜(ろくまく)ともいう。左右それぞれ胸壁の内面をおおい(壁側胸膜),さらに肺門で折れ返って肺の外表面を包む(肺胸膜)膜で,したがって左右の胸膜の間に心臓,大血管,食道,気管などを入れる腔所(縦隔)をはさむ。壁側胸膜と肺胸膜との間は狭い胸膜腔で少量の漿(しょう)液があるが,胸膜炎心不全などの病変が起こると多量の液がたまったり(胸水),胸膜間に癒着(ゆちゃく)が起こったりする。
→関連項目漿膜

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「胸膜」の解説

きょう‐まく【胸膜】

〘名〙 (borstvlies の訳語) 肺の表面と胸腔内側をおおう二重の膜。左右に一対ある。体の部位によって、横隔胸膜、縦隔胸膜、肋骨胸膜に分けられる。人では肋膜ともいう。〔解体新書(1774)〕
[補注]同義の ribbevlies (ribbel =肋)が肋膜と訳され、明治初期の「医語類聚」(一八七二)には、「胸膜」はなく、「肋膜」だけが用いられている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「胸膜」の解説

胸膜
きょうまく
pleura

以前は肋膜とも呼ばれた。肺の表面をおおう肺胸膜と,胸壁の内面をおおう壁側胸膜とがあり,ひとつづきの袋状になっている。この2つの膜の間 (胸膜腔) には少量の漿液があり,摩擦を防ぐ役割をしている。これらの膜に炎症が起ると,摩擦音を生じたり,胸膜腔に滲出液が貯留したりする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「胸膜」の解説

きょうまく【胸膜 pleura】

肺の外表面と,胸壁の内面,横隔膜の上面などを覆うひとつづきの薄い膜で,かつて肋膜ともいわれた。肺を覆う胸膜と胸壁などを覆う胸膜との間は胸膜腔とよばれるが,通常はほとんどすきまなく接している。胸膜腔には透明な水(漿液)がわずかにあって,胸膜に滑らかさを与えている。呼吸に際して胸郭が大きさをかえるとき,2枚の胸膜が滑りあいながら,肺は膨らんだり縮んだりする。胸膜に炎症が起こったり,心不全などの場合には,胸膜腔に大量の水がたまる(胸水)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の胸膜の言及

【肺】より

…最も大きな単位は肺葉と呼ばれ,右肺は上葉,中葉,下葉の三つに,左肺は上葉,下葉の二つに分けられる。各肺葉は,肺を包み込む胸膜(肋膜)によって画されている。肺葉はさらに区域という単位に分けられ,それぞれ番号と名称がつけられている(図2)。…

※「胸膜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android