コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能登仁行(にぎょう)和紙

デジタル大辞泉プラスの解説

能登仁行(にぎょう)和紙

石川県輪島市三井町の仁行地区で生産される和紙。原料はコウゾ、ササ、スギなど。昭和20年代、和紙職人の遠見周作が創始。「能登仁行紙」とも。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android