ささ(読み)ササ

デジタル大辞泉の解説

[副]《「さざ」とも》
水が勢いよく流れたり注ぎかかったりするさま。
「あがきの水、前板まで―とかかりけるを」〈徒然・一一四〉
風が吹くさま。
「扇をひろげて、殿上を―とあふぎ散らして」〈盛衰記・三〉
動きの速いさま。
「人々の―と走れば」〈大鏡・道長下〉
大勢の人々が口々に物をいってさわがしいさま。また、一時に笑うさま。
「聴聞衆ども、―と笑ひてまかりにき」〈大鏡・道長下〉
[感]
人を促すときなどに発する語。さあさあ。「ささ、どうぞおさきに」
歌謡で用いる囃子詞(はやしことば)。
「残(あ)さず(を)せ―」〈神功紀・歌謡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 植物「ささげ(豇豆)」をいう女房詞。〔大上臈御名之事(16C前か)〕
〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 風が吹く音などを表わす語。さっさっ。〔名語記(1275)〕
② 水などが勢いよく流れたり、そそぎかかったりするさまを表わす語。〔名語記(1275)〕
〘感動〙
① はやしことば。
※古事記(712)中・歌謡「この御酒(みき)は 我が御酒ならず〈略〉豊寿(ほ)き 寿き廻(もとほ)し 奉(まつ)り来し御酒そ 残(あ)さず飲(を)せ 佐佐(ササ)
② 人に物事を勧めたり誘ったりする時に発する語。さあさあ。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「ササいはんすなそこぢゃて。そりゃ立入ぢゃないとっとの横入ぢゃ」
[補注]①の挙例の「古事記‐中・歌謡」の用例は酒楽の歌であり、酒の意のササとの関係も類推される。ただし、酒を表わすササの確例は、近世初頭までくだる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ささの関連情報