コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ささ ササ

デジタル大辞泉の解説

ささ[副]

[副]《「さざ」とも》
水が勢いよく流れたり注ぎかかったりするさま。
「あがきの水、前板まで―とかかりけるを」〈徒然・一一四〉
風が吹くさま。
「扇をひろげて、殿上を―とあふぎ散らして」〈盛衰記・三〉
動きの速いさま。
「人々の―と走れば」〈大鏡・道長下〉
大勢の人々が口々に物をいってさわがしいさま。また、一時に笑うさま。
「聴聞衆ども、―と笑ひてまかりにき」〈大鏡・道長下〉

ささ[感]

[感]
人を促すときなどに発する語。さあさあ。「ささ、どうぞおさきに」
歌謡で用いる囃子詞(はやしことば)。
「残(あ)さず飲(を)せ―」〈神功紀・歌謡〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

ささ

岡山県、真備竹林麦酒醸造所が製造する地ビール

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ささ

( 副 )
(「と」を伴って)
水の勢いよく流れ注ぐさま。 「あがきの水、前板まで-とかかりけるを/徒然 114
ざわざわと音や声を立てるさま。 「 -とののしりさわぐ程に/栄花 浦々の別

ささ

( 感 )
はやすときに用いる語。 「この御酒の御酒のあやにうた楽し-/古事記
人にものをすすめたり、うながしたりするときなどにいう語。 「 -、どうぞ」 「 -いはんすなそこぢやて/滑稽本・浮世床

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ささの関連キーワード鹿児島県鹿屋市吾平町上名鳥取県西伯郡伯耆町宮原青森県むつ市大畑町中島奈良県奈良市奈良阪町歌沢寅右衛門(初代)滋賀県野洲市大篠原滋賀県草津市渋川昼夜言耳元鐘近ささの貴斗花餅・花餠しなだゆう笹塚新田町伏見桃山陵ささける階だゆふ御食つ物笹がし笹の屋佐々木笹原田

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ささの関連情報