脂肪酸メチルエステル(読み)シボウサンメチルエステル

デジタル大辞泉の解説

しぼうさん‐メチルエステル〔シバウ‐〕【脂肪酸メチルエステル】

脂肪または脂肪酸メチルアルコールから生成されたエステル。ふつう植物油脂をアルカリ触媒などでエステル交換することで得られる。軽油とよく似た性質をもち、生物由来のバイオディーゼル燃料として利用される。FAME(フェーム)(fatty acid methyl ester)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android