コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイオディーゼル燃料 バイオディーゼルネンリョウ

デジタル大辞泉の解説

バイオディーゼル‐ねんりょう〔‐ネンレウ〕【バイオディーゼル燃料】

生物由来油から作られたディーゼルエンジン用の燃料。菜種油などの植物油や使用済みのてんぷら油などにメタノールを加えてグリセリンを除去するなどの方法で粘度を低下させ、燃料として使用できるようにしたもの。軽油の代替燃料として注目され、地球温暖化対策の一つとして、ごみ収集車や公営バスなど公共交通機関への導入が進められている。BDF(bio diesel fuel)。→バイオマス燃料
[補説]BDFは商標名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイオディーゼル燃料
ばいおでぃーぜるねんりょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バイオディーゼル燃料の関連キーワード脂肪酸メチルエステルゼロ・エミッションネステ・オイルエステル交換

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バイオディーゼル燃料の関連情報