植物油脂(読み)しょくぶつゆし

  • vegetable fat and oil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

植物から採取した油脂総称動物油脂に対する。常温液体のものを植物油固体のものを植物脂といい,前者はさらに乾燥性の強弱により乾性油半乾性油不乾性油に分けられる。乾性油は主として塗料印刷インキなどの原料に,半乾性油,不乾性油は主として食用潤滑油,薬品材料などに用いられる。植物脂にはやし油木ろうなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

化学辞典 第2版の解説

植物から得られる油脂で,植物の種子,果実などから得られる.常温で液体である脂肪油と固体である脂肪とに大別される.しかし,これらにははっきりとした区別はなく,多くは習慣による.たとえば,パーム油,パーム核油やし油などは脂肪に属する.また,脂肪油は,含まれる不飽和脂肪酸の量および不飽和度によるヨウ素価の差から,乾性油(130以上),半乾性油(100~130),不乾性油(100以下)に分類される.食用,化粧品,せっけん潤滑剤,医薬品などに広く用いられる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内の植物油脂の言及

【油脂】より

…しかしマッコウ鯨油は液状蠟,木蠟は脂肪であり,これらの名称と化学組成が一致しないものもあることなどに留意しなければならない。
[脂肪の種類と分類]
 油脂は動物,植物を問わずエネルギー源として蓄えられているもので,植物から採取した植物油脂と,動物から得た動物油脂に大別される。植物油脂はオレイン酸(炭素数18,C18)のような不飽和度の低い直鎖脂肪酸が多く,木蠟,ヤシ油などを除き,ほとんどが植物油で,その性質によって乾性油半乾性油不乾性油の3種に分ける。…

※「植物油脂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

植物油脂の関連情報