コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱(ぎ)掛け ヌギカケ

デジタル大辞泉の解説

ぬぎ‐かけ【脱(ぎ)掛け】

脱いでいる途中であること。「脱ぎ掛けの服をあわてて着直す」
脱ぎ下げ」に同じ。
着物を半分脱いで、肩を出すこと。肩脱ぎ。また、抜き衣紋(えもん)にすること。
「ゆたかに―して肌帷子の紋所に地蔵を付けてゐるこそ」〈浮・一代男・五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の脱(ぎ)掛けの言及

【能装束】より

…(7)脱下げ(ぬぎさげ)着流しにした唐織の右袖を脱いで後ろに下げることで,狂女物に多い。脱掛け(ぬぎかけ)ともいう。
[装束の色]
 能装束の色調は役柄によって区別される。…

※「脱(ぎ)掛け」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

脱(ぎ)掛けの関連キーワード抜き衣紋紋所

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android