コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱白雲作用 だつはくうんさようdedolomitization

岩石学辞典の解説

脱白雲作用

変成作用によってドロマイトがMg成分を失い,Mg成分は酸化物や水酸化物あるいは珪酸塩として残る作用[Teall : 1903].ドロマイトが機械的に取り去られることではない.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

脱白雲作用の関連キーワード脱ドロマイト作用変成作用