水酸化物(読み)すいさんかぶつ(英語表記)hydroxide

  • すいさんかぶつ スイサンクヮ‥
  • すいさんかぶつ〔スイサンクワ〕
  • 水酸化物 hydroxide

翻訳|hydroxide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

元素と水酸基だけで構成される化合物。一般式 M(OH)m で表わされる (Mは m 価の金属) 。金属の水酸化物が最も普通で,水酸化ナトリウム NaOH ,水酸化バリウム Ba(OH)2 ,水酸化鉄 (III) Fe(OH)3 などがその例である。広義には水酸基をもつ化合物すべてを包含するが,有機物についてはヒドロキシ化合物の名称のほうが一般的である。水酸化物は酸化物の水和物とみることもできるが,非金属酸化物やある種の金属酸化物の水和物,たとえば B2O3・3H2O や CrO3・H2O などは酸の性質を示すので,水酸化物とはいわないで,ホウ酸 H3BO3 ,クロム酸 H2CrO4 という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

古くは水基−OHを含む無機化合物一般をいったが,通常は金属と水酸基の結合した化合物M(OH)(/n)の総称。金属酸化物の水和物とも考えることができる。多くは塩基性を示すが,中には酸と塩基性質両方示すものもある。水酸化ナトリウムNaOH,水酸化カルシウムCa(OH)2,水酸化アルミニウムAl(OH)3など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

狭義には,陰イオンとしての水酸化物イオンhydroxide ion OHを含む,一般式M(OH)n(n=1,2,3,4など)であらわされる化合物を指す。広義には,金属イオンの水和酸化物hydrous oxide,水和水酸化物hydrous hydroxide,酸のみならずアルカリとも反応する両性水酸化物amphoteric hydroxide(たとえばアルミニウム,スズ,ヒ素の水酸化物Al(OH)3,Sn(OH)4,As(OH)3など)も含まれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一般式M(OH), M(OH)2, M(OH)3などのように成分としてOHを含む化合物をいう。酸化物の水和物M2O・H2O,MO・H2O,M2O3・3H2Oに相当する。普通は塩基性の化合物のみをいう。すなわち、非金属の酸化物あるいはたとえば遷移金属の高酸化数酸化物は、水と化合して形式的には水酸化物の形に書けるが、実際は酸の性質を示すので水酸化物とはいわない。たとえば、B2O3・3H2OはB(OH)3、N2O3・H2OはNO(OH)、CrO3・H2OはCrO2(OH)2と書けはするが、実際にはホウ酸、亜硝酸、クロム酸などのように酸である。両性酸化物から生ずる水和物では、たとえばSnO2・nH2Oのように水酸化スズ(Ⅳ)、スズ酸のように両様によばれる。

 陽性の強い金属の水酸化物は、金属イオンと水酸化物イオンOH-とからなるが、OH-は分極しやすく、金属の陽性が減少するとともに、Oとの間の結合は共有性を増し、ついには層状構造の巨大分子となる(たとえばAl(OH)3やCr(OH)3など)。アルカリ金属の水酸化物は代表的な塩基で、その水溶液は強アルカリ性を示す。金属の陽性が減少し、金属イオンの酸化数が増大すると塩基性が弱くなる。またそれとともに水に対する溶解度も減少する。NaOH, KOH, RbOH, CsOHは潮解性、LiOH, Ba(OH)2, Sr(OH)2はかなり溶け、Ca(OH)2, La(OH)3はわずかに溶け、いずれも強アルカリである。なお、有機化合物でOH基をもつものは、ヒドロキシ化合物とよんでいる。

[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 水酸基 OH を有する無機化合物の総称。塩基性の化合物。一般式 M(OH)n 金属または金属酸化物と水との反応、塩化物水溶液の電解、錯体(さくたい)の複分解などで生じる。〔稿本化学語彙(1900)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

普通には,ある元素がヒドロキシ基とだけ結合した化合物で,金属の水酸化物はその代表的なものである.一般式M(OH)nで表され,酸化物の水和物にあたる.金属または金属酸化物と水との反応,塩化物水溶液の電解,塩の複分解などで得られる.アルカリ金属およびバリウム,ストロンチウムの水酸化物は水に可溶,その他の金属の水酸化物は水に難溶.水溶液は一般にアルカリ性を示し,酸と反応して塩をつくる.なかにはAl(OH)3,Cr(OH)3,Zn(OH)2,Sn(OH)4,As(OH)3などのように両性を示すものもあり,これらは両性水酸化物とよばれる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android