コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水酸化物 すいさんかぶつhydroxide

翻訳|hydroxide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水酸化物
すいさんかぶつ
hydroxide

元素と水酸基だけで構成される化合物。一般式 M(OH)m で表わされる (Mは m 価の金属) 。金属の水酸化物が最も普通で,水酸化ナトリウム NaOH ,水酸化バリウム Ba(OH)2 ,水酸化鉄 (III) Fe(OH)3 などがその例である。広義には水酸基をもつ化合物すべてを包含するが,有機物についてはヒドロキシ化合物の名称のほうが一般的である。水酸化物は酸化物の水和物とみることもできるが,非金属酸化物やある種の金属酸化物の水和物,たとえば B2O3・3H2O や CrO3・H2O などは酸の性質を示すので,水酸化物とはいわないで,ホウ酸 H3BO3 ,クロム酸 H2CrO4 という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

すいさんか‐ぶつ〔スイサンクワ‐〕【水酸化物】

水酸基を有する化合物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

水酸化物【すいさんかぶつ】

古くは水酸基−OHを含む無機化合物一般をいったが,通常は金属と水酸基の結合した化合物M(OH)(/n)の総称。金属酸化物の水和物とも考えることができる。多くは塩基性を示すが,中には酸と塩基の性質を両方示すものもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

水酸化物

 M(OH)nで表される化合物.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すいさんかぶつ【水酸化物 hydroxide】

狭義には,陰イオンとしての水酸化物イオンhydroxide ion OHを含む,一般式M(OH)n(n=1,2,3,4など)であらわされる化合物を指す。広義には,金属イオンの水和酸化物hydrous oxide,水和水酸化物hydrous hydroxide,酸のみならずアルカリとも反応する両性水酸化物amphoteric hydroxide(たとえばアルミニウム,スズ,ヒ素の水酸化物Al(OH)3,Sn(OH)4,As(OH)3など)も含まれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

すいさんかぶつ【水酸化物】

水酸基をもつ化合物の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水酸化物
すいさんかぶつ
hydroxide

一般式M(OH), M(OH)2, M(OH)3などのように成分としてOHを含む化合物をいう。酸化物の水和物M2OH2O,MOH2O,M2O33H2Oに相当する。普通は塩基性の化合物のみをいう。すなわち、非金属の酸化物あるいはたとえば遷移金属の高酸化数酸化物は、水と化合して形式的には水酸化物の形に書けるが、実際は酸の性質を示すので水酸化物とはいわない。たとえば、B2O33H2OはB(OH)3、N2O3H2OはNO(OH)、CrO3H2OはCrO2(OH)2と書けはするが、実際にはホウ酸、亜硝酸、クロム酸などのように酸である。両性酸化物から生ずる水和物では、たとえばSnO2nH2Oのように水酸化スズ()、スズ酸のように両様によばれる。
 陽性の強い金属の水酸化物は、金属イオンと水酸化物イオンOH-とからなるが、OH-は分極しやすく、金属の陽性が減少するとともに、Oとの間の結合は共有性を増し、ついには層状構造の巨大分子となる(たとえばAl(OH)3やCr(OH)3など)。アルカリ金属の水酸化物は代表的な塩基で、その水溶液は強アルカリ性を示す。金属の陽性が減少し、金属イオンの酸化数が増大すると塩基性が弱くなる。またそれとともに水に対する溶解度も減少する。NaOH, KOH, RbOH, CsOHは潮解性、LiOH, Ba(OH)2, Sr(OH)2はかなり溶け、Ca(OH)2, La(OH)3はわずかに溶け、いずれも強アルカリである。なお、有機化合物でOH基をもつものは、ヒドロキシ化合物とよんでいる。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

水酸化物の関連キーワード水酸化マグネシウムバンスライク反応ペルオキシダーゼ珪酸塩ラテライトアルミニウム鉱物ラテライト性粘土カセイアルカリ水酸化リチウム水酸化ニッケルホフマンの通則酸アルカリ電池水酸化コバルトオキシデート苛性アルカリ疎水コロイド塩基性酸化物両性水酸化物水のイオン積ラテライトマンガン土

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android