コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸化物 さんかぶつoxide

翻訳|oxide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酸化物
さんかぶつ
oxide

酸素と他元素との二元化合物の総称。このうち酸と作用して塩をつくるものを塩基性酸化物,塩基と作用して塩をつくるものを酸性酸化物,酸,塩基いずれにも溶解して塩をつくるものを両性酸化物という。水は中性の酸化物である。過酸化水素のように -O-O- 基を含むものを過酸化物という。1つの元素がいくつかの酸化物を形成するとき,その元素の酸化状態が最高を示す酸化物が最も酸性である。たとえばクロムの酸化物 CrO は塩基性,Cr2O3 は両性,CrO3 は酸性である。金属元素は他の化合物では示すことのない酸化状態の酸化物を形成することが多い。たとえば MnO2 ,AgO ,PbO2 などがその例である。これらはイオン性の酸化物で,非化学量論的な組成を示すことが多い。そのほか比較的不活性な酸化物もあり,N2O ,CO ,MnO2 などは酸,アルカリに不溶である。 MnO2 が塩酸に溶ける反応は酸塩基反応ではなく酸化還元反応である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

酸化物【さんかぶつ】

酸素と他の元素との化合物。希ガス元素以外のほとんどの元素の化合物が知られている。塩基と作用して塩をつくるものを酸性酸化物,酸と作用して塩をつくるものを塩基性酸化物,中性のものを中性酸化物,どちらとも作用して塩をつくるものを両性酸化物という。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんかぶつ【酸化物 oxide】

酸素と他の元素との化合物のうち,酸素を-2価の状態で含む化合物をいう。したがって二フッ化酸素OF2のように+2価の成分となっているときは酸化物ではない。また広い意味では酸化物に入るが,H2O2やNa2O2などのようにO22-として存在するときは過酸化物であり,同様にO2として存在するときは超酸化物,O3ではオゾン化物であって,酸化物とは別に扱う。 酸素は電気陰性度が高く,反応性が大きいので,貴ガス元素の一部を除くほとんどの元素と化合物をつくるが,これらのうち比較的電気陰性度の高い,周期表右上部にある典型的な非金属元素の酸化物は,共有性の分子からなることが多く,一般に水に溶けて酸を生ずる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんかぶつ【酸化物】

酸素と、それ以外の元素との化合物。塩基性酸化物・酸性酸化物・両性酸化物などに分けられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酸化物
さんかぶつ
oxide

酸素のみを陰性成分として含む化合物をいう。したがって、フッ化酸素OF2のように酸素が陽性成分となっているものや、オキソ酸塩(たとえばNa2SO4)のように他の元素と複合して陰性成分となっているものは、酸素を含んでいても酸化物とはいわない。たとえば地球上にきわめて広く存在する水H2Oは水素の酸化物であり、岩石の主要成分の二酸化ケイ素SiO2はケイ素の酸化物、赤さびの成分である酸化鉄()Fe2O3は鉄の酸化物である。[中原勝儼]

酸化物の分類

酸化物のうち、酸と反応して塩をつくる酸化物を塩基性酸化物といい、塩基と反応して塩をつくる酸化物を酸性酸化物、酸にも塩基にも反応してそれぞれの塩をつくるような酸化物を両性酸化物という。たとえば、多くの非金属元素の酸化物(二酸化炭素CO2、二酸化硫黄(いおう)SO2など)や、遷移元素の高酸化数酸化物(酸化クロム()CrO3、酸化マンガン()Mn2O7など)は酸性酸化物である。
  CO2+NaOH―→NaHCO3
  SO2+KOH―→KHSO3
  CrO3+2KOH―→K2CrO4+H2O
酸性酸化物は水と反応すると酸を生ずるので、酸化物を酸の無水物とみて、たとえばCO2を無水炭酸、SO2を無水亜硫酸、CrO3を無水クロム酸など(上記いずれも正式名称ではない)とよぶこともある。
 また一般に金属の酸化物は塩基性酸化物で、次のように反応する。
  K2O+H2SO4―→K2SO4+H2O
  CaO+2HCl―→CaCl2+H2O
 周期表上、非金属元素のグループと金属元素のグループの境界領域にくる元素で、たとえばアルミニウム、亜鉛、スズ、ヒ素、アンチモンなどの酸化物は両性酸化物である。たとえば酸化亜鉛ZnOは、
  ZnO+2HCl―→ZnCl2+H2O
  ZnO+2NaOH+H2O
    ―→Na2[Zn(OH)4]
のように酸とも塩基とも塩をつくる。
 酸、塩基と反応しない酸化物は中性酸化物ということがある。たとえば水、一酸化炭素CO、一酸化窒素NOなどがそうである。
 酸化物のうち、陰性成分として過酸化物イオンO22-ないしは-O-O-を含むものを過酸化物といっている。たとえば過酸化水素H2O2、過酸化ナトリウムNa2O2などがそうである。またO2-を含む化合物は超酸化物、たとえばKO2は超酸化カリウムとよばれ、O3-を含む化合物はオゾン化物、たとえばKO3はオゾン化カリウムとよばれる。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

酸化物の関連キーワードクリーンコールテクノロジーロサンゼルス型スモッグペロブスカイト構造酸化マグネシウム自動車排出ガス混合酸化物燃料マイナス鉱物オサンの係数過酸化窒素両性化合物酸素化合物カリガラス燃焼生成物酸化物磁石プラス鉱物窒素酸化物オキサイドバライタノックス両性元素

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酸化物の関連情報