コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

珪酸塩 ケイサンエン

デジタル大辞泉の解説

けいさん‐えん【×珪酸塩】

二酸化珪素と金属酸化物からなる塩。アルカリ塩以外は水に溶けず、一般に融点が高く、融解して冷却するとガラス状になることが多い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けいさんえん【珪酸塩】

二酸化ケイ素と金属酸化物から成る塩。一般式 x M2O・y SiO2 造岩鉱物の主成分として地殻の大部分を形成する。アルカリ金属の珪酸塩以外は水に難溶。フッ化水素以外の酸、その他の多くの試薬に侵されにくい。一般に融点は高く、融解物を冷却するとガラス状になることが多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

珪酸塩の関連キーワードアルミノシリケートガラスシリコカーボナタイトヒューモシリケイトアルミノシリケートアルミノ珪酸ガラス塩基度逓減の法則カルクカルシファイアシリコテライトシリコテリックアルミノ珪酸塩ハイダト変成岩シリケーションアルモ珪酸塩メタクラシス葡萄石化作用スカポライト珪ニッケル鉱第二マグマ期二酸化ケイ素

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android