珪酸塩(読み)ケイサンエン

大辞林 第三版の解説

けいさんえん【珪酸塩】

二酸化ケイ素と金属酸化物から成る塩。一般式 x M2O・y SiO2 造岩鉱物の主成分として地殻の大部分を形成する。アルカリ金属の珪酸塩以外は水に難溶。フッ化水素以外の酸、その他の多くの試薬に侵されにくい。一般に融点は高く、融解物を冷却するとガラス状になることが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android