珪酸塩(読み)ケイサンエン

大辞林 第三版の解説

けいさんえん【珪酸塩】

二酸化ケイ素と金属酸化物から成る塩。一般式 x M2O・y SiO2 造岩鉱物の主成分として地殻の大部分を形成する。アルカリ金属の珪酸塩以外は水に難溶。フッ化水素以外の酸、その他の多くの試薬に侵されにくい。一般に融点は高く、融解物を冷却するとガラス状になることが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android