コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脳間部 のうかんぶpars intercerebralis

世界大百科事典 第2版の解説

のうかんぶ【脳間部 pars intercerebralis】

昆虫の脳(食道上神経節)は左右両半球から成り,前・中・後大脳にわけられる。このうち前大脳の背側前方部を脳間部という。ここからは単眼神経が出るとともに,神経分泌細胞が数多く分布している。正中線に近いものを中央神経分泌細胞medial neurosecretory cell,前大脳前縁に近いものを側神経分泌細胞lateral n.c.という。セクロピアサンのさなぎでは,中央部に4タイプ,側方に2タイプの計6タイプ36細胞があり,直翅(ちよくし)類ではその数は数百にのぼる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

脳間部の関連キーワードエクジソン側心体

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android