コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脳間部 のうかんぶpars intercerebralis

世界大百科事典 第2版の解説

のうかんぶ【脳間部 pars intercerebralis】

昆虫の脳(食道上神経節)は左右両半球から成り,前・中・後大脳にわけられる。このうち前大脳の背側前方部を脳間部という。ここからは単眼神経が出るとともに,神経分泌細胞が数多く分布している。正中線に近いものを中央神経分泌細胞medial neurosecretory cell,前大脳前縁に近いものを側神経分泌細胞lateral n.c.という。セクロピアサンのさなぎでは,中央部に4タイプ,側方に2タイプの計6タイプ36細胞があり,直翅(ちよくし)類ではその数は数百にのぼる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

脳間部の関連キーワードエクジソン側心体

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android