コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

側心体 そくしんたいcorpus cardiacum

2件 の用語解説(側心体の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そくしんたい【側心体 corpus cardiacum】

昆虫の頭部にあって,脳とアラタ体との間に位置するほぼ球形のやや青色を帯びた組織で,脳とは側心体神経IとII,アラタ体とはアラタ体神経で連絡している。無翅(むし)類の粘管目以外はすべての昆虫でみられる。大動脈の前端部(心臓)の両側にあるので側心体とよばれるが,左右合一したり(半翅目),アラタ体をとり囲んだり(双翅目カ),アラタ体と前胸腺と合一して環状腺を形成(双翅目ハエ)したりする。側心体神経Iを通じ脳の神経細胞群からの神経分泌物質(前胸腺刺激ホルモン,バーシコン,羽化ホルモンなど)を貯え血中に放出するほか,自身の神経分泌細胞があり,血中トレハロール,血中グルコース濃度の上昇作用のある血糖上昇ホルモン(ゴキブリ)や,脂肪体から血中へのジグリセリドの放出を促す脂質動員ホルモン(バッタ)などを分泌する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

側心体
そくしんたい
corpus cardiacum

昆虫類にある一対の内分泌器官。脳のすぐ後方にあり、しばしば大動脈につき、その壁の一部になっていることもある。神経起源で、脳間部の神経分泌細胞軸索突起が側心体神経を通じてここに達しており、さらにアラタ体神経がここからアラタ体に伸びる。側心体はこのほか神経細胞や内分泌細胞も含み、脳からの前胸腺(きょうせん)刺激ホルモンを貯蔵し、血液中に放出し、分泌細胞から心臓拍動、神経系の活動、中腸の動きに関与するホルモンを放出する。鱗翅(りんし)類、甲虫類、双翅類の一部では大動脈から分離しており、カワゲラ類、カゲロウ類などでは左右が合一し、双翅類の一部ではアラタ体と合一している。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone