みずから

精選版 日本国語大辞典の解説

みず‐から みづ‥

〘名〙 (「水から」の意とも、「水辛」の意とも、「見ず辛」のしゃれともいう) 昆布菓子の一つ。山椒の実を昆布で包んだもの。〔俳諧・毛吹草(1638)〕
※浄瑠璃・源頼家源実朝鎌倉三代記(1781)七「みづからや梅干で酒がいけるものかいの」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のみずからの言及

【コンブ(昆布)】より

…コンブの利用が関西で発達し,いまもコンブが大阪の名物とされるのはこのためである。ニシンを巻いて煮たこぶ巻や油で揚げた揚げこんぶ,それに〈みずから〉というこんぶ菓子の行商も京坂には多かった。みずから売りは《東海道中膝栗毛》では伏見の船つき場に登場し,《見た京物語》(1781)では芝居小屋の中で〈饅頭(まんじゆう)や水辛と売る〉としている。…

※「みずから」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

みずからの関連情報