コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脾動脈塞栓術 ひどうみゃくそくせんじゅつ

1件 の用語解説(脾動脈塞栓術の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ひどうみゃくそくせんじゅつ【脾動脈塞栓術】

 脾臓損傷(ひぞうそんしょう)(「脾臓損傷(脾損傷)」)で、出血が多い場合に行なわれます。
 皮膚の上から脾動脈にカテーテル(管)を入れ、物質を注入して脾動脈をつまらせ、出血を止める治療法です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

脾動脈塞栓術の関連キーワード形質細胞バンチ症候群脾臓ホジキン病損傷損所胸髄損傷高位頸髄損傷脾腫計測指数脾臓指数

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone