腕釧(読み)わんせん

普及版 字通「腕釧」の解説

【腕釧】わんせん

うで輪。〔全唐詩話、一、文宗〕一日、宰臣に問ふ、古詩に曰く、輕き衫襯(さんしん)と跳(てうだつ)と、跳とはれ何物ぞと。宰臣未だ對(こた)へず。上(しゃう)曰く、ち今の腕釧なり。眞誥に、安妃に粟(たくぞく)金の跳りと言ふは、是れ臂なりと。

字通「腕」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android