コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文宗 ブンソウ

4件 の用語解説(文宗の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶん‐そう【文宗】

文章・文学の面で一派の祖と仰がれるような大家。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんそう【文宗 Mun‐jong】

1019‐83
朝鮮,高麗第11代の王。在位1046‐83年。父は第8代顕宗,母は元恵太后金氏。国家の諸制度が完備されて支配体制がもっとも安定し,高麗文化の華が咲きひらいた時期の国王として知られる。外交的にも宋,契丹,女真などとの関係が比較的平和な時期であったことが幸して,政治,経済,社会の全般にわたって充実した施策が推進された。その代表的なものとしては,1076年に行われた両班(ヤンバン),軍人らに対する土地支給制度(田柴科(でんさいか))の改定と禄俸制の完備,そしてこれらの給与制度改定に関連した官制の組織的な改編が挙げられよう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんそう【文宗】

文章・文学の一派の祖と仰がれる人。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文宗の関連情報