腟・会陰裂傷(読み)ちつえいんれっしょう(英語表記)Colpoperineal Laceration

家庭医学館の解説

ちつえいんれっしょう【腟・会陰裂傷 Colpoperineal Laceration】

[どんな病気か]
 口(ちつこう)と肛門(こうもん)の間の部分を会陰といいます。分娩(ぶんべん)時には、腟や会陰は薄く引きのばされますが、ときに裂けてしまうことがあり、これを腟・会陰裂傷といいます。
[治療]
 腟粘膜(ちつねんまく)が浅く裂けるだけのものから、裂傷が肛門や直腸までおよぶものまでありますが、会陰裂傷が生じたら、分娩後に裂けた部位を縫合(ほうごう)して修復します。
 初産婦しょさんぷ)は、会陰の伸展性が悪く裂けやすいですし、胎児が大きいときや急速分娩の場合も、大きな裂傷を予防するために、あらかじめ会陰切開(えいんせっかい)を行なうほうが安全といえます。会陰切開をしておけば、修復が容易で、傷あともきれいになります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android