会陰切開(読み)えいんせっかい(英語表記)perineotomy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

会陰切開
えいんせっかい
perineotomy

分娩時の児頭は腟の出口よりも大きいため,出産に際し,組織の一部,特に会陰が裂けることがある。これを防ぎ,出産を迅速にするために,会陰や膣壁の一部を事前に切開する手術をいう。切開創は出産後に縫合する。自然発生的な会陰裂傷よりも治癒経過がよい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

えいんせっかい【会陰切開】

産科術式の一。分娩ぶんべん時に、児頭の娩出を早め会陰裂傷を防ぐ目的で会陰部を切開すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android