コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分娩 ぶんべん

妊娠・子育て用語辞典の解説

ぶんべん【分娩】

胎児が母体から外に出てくること、そのプロセスをいいます。一般には「お産」とも。

出典|母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授) 妊娠・子育て用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶん‐べん【分×娩】

[名](スル)胎内の子を体外に産み出すこと。出産。「産院で分娩する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

分娩【ぶんべん】

出産

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

分娩

 出産ともいう.妊婦が胎児,胎盤を産道から母体外に出す過程.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんべん【分娩】

( 名 ) スル
子を産むこと。胎児を母体外へ産み出すこと。出産。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分娩
ぶんべん

出産」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分娩
ぶんべん

哺乳(ほにゅう)類の妊娠末期に胎児を腟腔(ちつこう)を通して外部に排出する現象。分娩には多くのホルモンが関与する。まず母体では、妊娠末期になり黄体ホルモンが低下して発情ホルモンの作用が強まると、子宮筋が下垂体後葉のオキシトシンに反応して収縮を始める。一方、胎児のほうも、妊娠末期に下垂体前葉からの副腎(ふくじん)皮質刺激ホルモンを分泌して自分の副腎皮質からコルチコイドを出させ、それが胎盤を刺激してプロスタグランジンの合成と放出をおこさせる。そしてこの物質が母体の子宮を収縮させたりオキシトシンの分泌を刺激したりする。こうして、胎児は子宮の収縮とともに旋回しながら下降してくる。この際、骨盤の恥骨連合が弛緩(しかん)していないと胎児が外部に出られない。恥骨連合は結合組織性の靭帯(じんたい)で、レラキシンというペプチドホルモンの作用で弛緩する。レラキシンはブタの黄体や胎盤から抽出されている。分娩は、胎児の排出後に残った胎盤が放出されて完了する。[高杉 暹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の分娩の言及

【異常分娩】より

…分娩(出産)の経過が正常の経過をたどらず,通常の場合以上の人工介助を必要としたり,母体や胎児に傷害を生ずるような分娩をいう。娩出力(陣痛,腹圧),娩出物(胎児および付属物),産道(骨産道,軟産道)の三つを分娩の3要素といい,それらがいずれも正常で,しかも釣合いがとれている場合には分娩は正常の経過をとる。…

【関節】より

…したがって多少の可動性があるが,とくに女性では動きやすく,ときには繊維軟骨のなかに関節腔が存在することがある。これは分娩に際して骨盤腔を広げ,産道を広くして胎児の娩出を助ける。ある種の動物では女性ホルモンを投与することによって,恥骨結合を実験的に広げることができる。…

【計画分娩】より

…陣痛を誘発し,分娩の終了を計画的に行うこと。分娩は多くの場合,異常なく経過するものであるが,ときに突発的に大出血を起こし,母体死亡にいたることもある。…

【出産】より

…分娩(ぶんべん)ともいう。胎生の動物で母体内での発達を終えた胎児(胎子)が母体から放出されること。…

※「分娩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

分娩の関連情報