腰湯(読み)コシユ

精選版 日本国語大辞典の解説

こし‐ゆ【腰湯】

〘名〙 腰から下だけ湯につかること。坐浴(ざよく)
※評判記・色道大鏡(1678)三「端女は、あそび一度に一度づつ腰湯(コシユ)を用ゆ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の腰湯の言及

【座浴】より

…かつて〈腰湯〉とも呼ばれていたもので,温湯,あるいは薬液に臀部を浸すことをいう。入浴できない人が臀部を清潔にしたり,身体を温めたりする目的で用いるもので,部分浴の一つである。…

※「腰湯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる