コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

座浴/坐浴 ザヨク

3件 の用語解説(座浴/坐浴の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ざ‐よく【座浴/×坐浴】

[名](スル)座った姿勢で腰から下だけ入浴すること。腰湯。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ざよく【座浴】

かつて〈腰湯〉とも呼ばれていたもので,温湯,あるいは薬液に臀部を浸すことをいう。入浴できない人が臀部を清潔にしたり,身体を温めたりする目的で用いるもので,部分浴の一つである。日本人の入浴習慣からすれば,清拭(せいしき)に比べて身体も温まり,くつろぎや快感が得られ,就眠を助けるなどの効果も期待できる。また治療面からは,肛門や臀部の傷部を清潔に保ち,痛みや充血,肛門括約筋の緊張をやわらげるなどの効果が期待されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

座浴
ざよく

水治療法の一つで、下腹部、臀部(でんぶ)を温湯または薬液に入れて洗い温める方法をいう。腰湯(こしゆ)ともいわれ、日本では古くから行われていた方法である。近年は各家庭に浴室、シャワーが普及したので、清潔のためにはシャワーで洗うことが多くなったが、温めるという点では座浴のほうが効果的である。骨盤内の諸疾患、とくに痔疾(じしつ)(日本人には多い)、肛門(こうもん)およびその周囲に創(きず)などがある場合、創部の清潔、疼痛(とうつう)緩和、肛門括約筋の緊張緩和を目的として座浴が用いられる。また、下痢、裏急後重(りきゅうこうじゅう)(腹しぶり)、排尿痛、性器の炎症時などのほか、長期間入浴できない病人の陰部の保清のためにも行われる。なお、薬液を用いる場合は、医師の指導を受けなければならない。温湯の温度は38~40℃くらいで、時間は15~20分間ほどがよい。医師などから指示された場合は、その基準に従うことがたいせつである。施行にあたっては、寝衣をぬらさないようにする、寒気をおこさないようにする、恥ずかしさを感じさせないようにする等の配慮が必要である。時間が長いときは適宜差し湯をする。疲れやすいときや疼痛が激しいときは、たらいの中にゴム製の円座を置いて、その上に腰を下ろして行うとよい。なお、痔疾などで薬剤の塗布、坐薬(ざやく)の挿入が必要である場合は、座浴のあとで行うようにする。[山根信子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone