コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腸骨静脈圧迫症候群 ちょうこつじょうみゃくあっぱくしょうこうぐん

1件 の用語解説(腸骨静脈圧迫症候群の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ちょうこつじょうみゃくあっぱくしょうこうぐん【腸骨静脈圧迫症候群】

 左腸骨静脈(ひだりちょうこつじょうみゃく)は、右腸骨動脈(みぎちょうこつどうみゃく)と腰椎(ようつい)の間を両者に挟まれた形で走っています。人によってはこの挟まれ方が強いため、内腔(ないくう)が著しく狭窄(きょうさく)したり閉塞(へいそく)したりします。それによって血液がうっ滞(たい)し、深部静脈血栓症(しんぶじょうみゃくけっせんしょう)の原因になることがあります。これを腸骨静脈圧迫症候群 Iliac Vein Compression Syndrome といいます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

腸骨静脈圧迫症候群の関連キーワード下大静脈頸静脈上大静脈蝶形骨腸骨静脈注射静脈弁肺静脈静脈怒張門静脈

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone