コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閉塞 ヘイソク

デジタル大辞泉の解説

へい‐そく【閉塞】

[名](スル)
通路や出入り口がふさがること。また、閉じてふさぐこと。「運河を閉塞する」「腸閉塞
「吝嗇は悪行にして、仁愛の心を―し」〈中村訳・西国立志編
先行きが見えないこと。将来の見通しが立たないこと。「閉塞状況」「閉塞した経済」
列車どうしの衝突を防ぐ手法の一。列車の場合、自動車などに比べて制動距離が長いため、線路をある一定区間に区切り、一区間に一編成しか入れないようにすることで衝突を回避する。また、閉塞区間内の走行列車の存在は軌道回路で検知する。固定閉塞。→移動閉塞

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

へいそく【閉塞】

( 名 ) スル
閉じてふさぐこと。ある部分をふさいで他の部分との連絡を断つこと。 「港の出入り口を-する」 「気孔を-するときは/福翁百話 諭吉
寒冷前線が温暖前線に追いついて暖気を上空に追い上げ、温帯低気圧が寒気の渦巻になる現象。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

閉塞の関連キーワードクールヴォアジェ‐テリエの法則キャピタルクランチ脳底部異常血管網症バール‐ピクの法則水道損壊及び閉塞罪レーザー虹彩切開術急性動脈閉塞症タブレット方式末梢動脈疾患土砂崩れダム精路通過障害閉塞(鉄道)総胆管結石症気管支喘息もやもや病リンパ浮腫水道損壊罪温帯低気圧再灌流療法ABI検査

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

閉塞の関連情報