腰椎(読み)ようつい

精選版 日本国語大辞典 「腰椎」の意味・読み・例文・類語

よう‐つい エウ‥【腰椎】

〘名〙 腰部にある脊椎部分胸椎仙椎の間にあり五個の骨からなる。
解体新書(1774)三「腰脈 向腰椎之側而住」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「腰椎」の意味・読み・例文・類語

よう‐つい〔エウ‐〕【腰椎】

脊柱せきちゅううち胸椎仙椎との間にある5個の椎骨全般下位にゆくほど大形となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「腰椎」の意味・わかりやすい解説

腰椎
ようつい

椎骨」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の腰椎の言及

【脊椎】より

…椎骨の形態は脊柱上の部位によって多少とも異なる。最もよく分化した哺乳類では,前方から頸椎,肋骨のついた胸椎,腰椎,骨盤の要素になる仙椎,および尾椎の五つに分かれる。しかし魚類,初期の両生類,および多くの爬虫類では,頸部から尾の根もとに至るすべての椎骨に肋骨が付着している。…

※「腰椎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

少子化問題

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意...

少子化問題の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android