コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膜性腎症の診断基準 まくせいじんしょうのしんだんきじゅん

1件 の用語解説(膜性腎症の診断基準の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

まくせいじんしょうのしんだんきじゅん【膜性腎症の診断基準】

①臨床的特徴
a.年齢:中・高年齢に多い。
b.性別:男性に比較的多い。
c.尿所見:たんぱく尿は軽度から高度で、分子量を選ばず各種のたんぱくがみられる。血尿はみられても軽度。
d.発症形式:無症候性たんぱく尿である頻度が高いが、ネフローゼ症候群で発症することも多い。
e.高血圧:進行した膜性腎症に多い。
f.基礎疾患悪性腫瘍、B型肝炎を含む感染症などの基礎疾患の有無を確認し、続発性の膜性腎症かどうかの注意が必要。
②病理形態学的特徴
 確定診断は、腎生検所見により行なう。光学顕微鏡所見では、糸球体のヘンレ係蹄壁のびまん性(広範囲の)肥厚と、PAM染色検査でヘンレ係蹄壁の細胞が糸球体上皮側へ向かっているのがみられる。蛍光抗体法所見では、IgGとC3からなる免疫複合体のヘンレ係蹄壁にそった顆粒状沈着がみられる。電子顕微鏡所見では、糸球体上皮の下に電子密度の高い沈着物があり、そのすきまをうめるように基底膜の肥厚がみられる。
(資料/第38回日本腎臓学会学術総会記念:腎臓病学の診断アプローチ

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

膜性腎症の診断基準の関連キーワード年齢暦年齢高年高年齢出産生活年齢高年法高年齢加入年齢契約年齢高年齢者雇用確保措置