コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膳余磯 かしわでの あれし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

膳余磯 かしわでの-あれし

古代伝承上の豪族。
磐余市磯池(いわれのいちしのいけ)(奈良県桜井市)で遊宴中の履中(りちゅう)天皇に酒を献じたところ,杯に季節はずれの桜の花びらがはいり,その桜の木を物部長真胆(もののべの-ながまい)がさがしあてた。ふたりは稚桜部(わかさくらべ)の氏(うじ)名をさずかったという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android