コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臍瘻 さいろうumbilical fistula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臍瘻
さいろう
umbilical fistula

臍フィステルともいう。臍 (へそ) と内部器官,普通は腸管とが直接通じているもので,多くは糞便粘液がここから排出される。胎児期の交通がそのまま残存する先天性奇形と,臍帯ヘルニアの手術後に生じるもの,帝王切開後に発生するものなどがある。ほかに,臍と尿膜管が連絡している尿膜管瘻があるが,これは先天膜性が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android